初心者のためのパソコン自力修理入門まとめ

パソコンがトラブルを起こした時のいろいろな解決方法を解説をしてみました。

パソコンから手を放した隙に電源が落ちるのを防ぎたいんですけど!

time 2019/04/14

パソコンから手を放した隙に電源が落ちるのを防ぎたいんですけど!

windouwsには、電源を管理する機能が搭載されているんです。これらは、パソコンの消費電力を減らす為の機能で、基本的には設定しておくべき機能なんですけど、長時間キーボードを触れないような作業をする場合は

かえって邪魔になるんです。2時間以上かかるMPEGのエンコードとか、低速ドライブでCDを焼くときなんかは、勝手に電源を落とさないように設定をしましょう。ただしノートパソコン場合は、そのままの設定も大丈

夫なんです。

sponsored link

1.コントロールパネルを開きましょう


電源の管理を変更する為に、スタートメニューから「コントロールパネル」を選択して開きましょう。

2.「電源オプション」を選択し開いてください


「コントロールパネル」にある「電源オプション」を選択して開きましょう。

3.「電源オプション」の画面で「プラン設定の変更」を選択してください


「電源オプション」の画面で「プラン設定の変更」を選択してください。

4.「プラン設定の編集」でなしを選んでください


「プラン設定の編集」でなしを選んでください。その設定で自動的に電源は切れなくなります。

5.スクリーンセーバーの設定を変更しましょう


今度はスクリーンセーバーの設定を変更しましょう。デスクトップ上の何もない場所で右クリックしましょう。出てきたメニューから「個人設定」を選択しクリックしてください。

6.「個人設定」のメニューから「スクリーンセーバー」を選択してください


「個人設定」のメニューから「スクリーンセーバー」を選択してください。

7.「スクリーンセーバー」をオフにしましょう


6の作業を行うと上記の画面になりますので、「スクリーンセーバー」をなしに変更し「OK」を押しましょう。これですべての作業は完了です。

sponsored link



sponsored link