初心者のためのパソコン自力修理入門まとめ

パソコンがトラブルを起こした時のいろいろな解決方法を解説をしてみました。

パソコンの作業中に急にプログラムの終了を指示された

time 2017/01/02

パソコンの作業中に急にプログラムの終了を指示された

パソコンを使用しているときに急に「情報の損失を防ぐためにプログラムを終了してください」とでてくるのはメモリの不足が原因です。すぐにデータを保存して、対策をうたなければいけません。このとき同時に複数

のアプリケーションを立ち上げていた場合は使用しないアプリケーションを終了すると解決することもありますが、まずは物理メモリの増設を考えましょう。自分のパソコンで使用可能なメモリを購入して空きスロット

があればその場所に増設し、なければ使用中のメモリより大きな容量のメモリと交換しましょう。ただ無料でできることではないので、私の場合は仮想メモリの割り当てサイズを大きくして解決しました。ではその方法

を記載します。

sponsored link

★物理メモリを増設かまたは容量の大きなものと交換しましょう。


上記の画面がでたときは物理メモリを増設するかまたは容量の大きなものと交換しましょう。物理メモリを増設する場合は空きスロットがあるかどうかを確認しましょう。あればメーカーのサイトで使用できるメモリを

確認しましょう。空きスロットがない場合は現在使用中のメモリより大きな容量のメモリを購入して交換しましょう。

★仮想メモリの割り当て容量をふやしましょう。

こちらは費用がかからずに解決できますので、まずはこちらの方法を試してもだめなときは物理メモリを増設かまたは容量の大きなものと交換したほうが良いと思います。

1.パフォーマンスの「設定」をひらいてください。


「スタート」メニューから「コントロールパネル」を選択してひらいてください。出てきた画面の右上にある検索ボックスに「システム」と入力しましょう。出てきた画面の左側にあるタスク欄の「システムの詳細設

定」をクリックしましょう。すると上記の画面になりますので、「詳細設定」のメニューにある「パフォーマンス」欄の「設定」をクリックしましょう。

2.仮想メモリの「変更」をひらきましょう。


上記のように「パフォーマンスオプション」の画面がでてきたらメニュー内にある「詳細設定」タブをひらいて、「仮想メモリ」欄にある「変更」をクリックしてください。

3.仮想メモリの容量をふやしてください。


上記の画像のように「すべてのドライブのページングファイルのサイズを自動的に管理する」のチェックを外して、次に「カスタムサイズ」を選択してください。「初期サイズ」には画像のように16と入力して「最大サ

イズ」には「推奨」よりも1.5倍くらい大きな数字を入力してください。それでも足りない場合は増やしてください。ここまでの設定が終わったら「設定」をクリックして完了です。

※仮想メモリとは?

仮想メモリとは、ハードディスクを一時的に物理メモリの代わりに使用する方法です。別にページングファイルとも呼ばれることもあります。ただハードディスクは、物理メモリより情報処理速度が極端に遅いので、メ

モリ不足は補うことはできても、パソコンのパフォーマンス向上を期待することはできません。メモリが不足する場合はできることなら、物理メモリを増設したほうが賢明です。

sponsored link



sponsored link