初心者のためのパソコン自力修理入門まとめ

パソコンがトラブルを起こした時のいろいろな解決方法を解説をしてみました。

「Administrator」でログインしたいとき

time 2016/12/30

「Administrator」でログインしたいとき

WindowsのOSはたとえ「管理者」のユーザーでも一部の権限が制限されています。そのような状態なので、重要な設定を変えるときなどはそのたびに、「ユーザーアカウント制御」で権限を取得する必要があります。で

すが、それでも全部の権限が取得できるわけでわなくて、たとえばソフトなどのインストールのときに「Administrator」でログインするように指定される時がありますが、じつはこの「Administrator」こそが

全部の権限をもっています。ただWindowsのOSのエディションによっては簡単に「Administrator」でログインができないようになっています。

sponsored link

★WindowsのOSがUltimate,Business,Enterpriseの時

1.「コンピュータの管理」から設定を。

「スタート」メニューから「コントロールパネル」を選択してひらいてください。つぎにコントロールパネルの右上にある検索ボックスに「管理ツール」と入力しましょう。出てきた画面の「管理ツール」をクリックし

てひらいてください。出てきた画面のメニュー内にある「コンピュータの管理」をダブルクリックでひらきましょう。そして「システムツール」から「ローカルユーザーとグループ」→「ユーザー」を選択してください。

その画面中央にでてくる「Administrator」をダブルクリックしましょう。

2.アカウントを有効にしてください。

「Administratorのプロパティ」がでてきますので、その画面内にある「アカウントを無効にする」のチェックを外して「OK」をクリックしましょう。ここまでの作業で、次に再起動やログオフしたときに

「Administrator」が表示されてログインできるようになります。

★WindowsのOSがHomeBasic,HomePremiumの時

1.コマンドプロンプトで設定を。


「スタート」メニューの検索ボックスに「cmd」と入力し「プログラム」欄にある「cmd」のアイコンを右クリックして、そのメニュー中の「管理者として実行」をクリックしましょう。すると上記の画面になるのでnet

(半角スペース)user(半角スペース)Administrator(半角スペース)/active:yesと入力してください。すると「Administrator」でログインできるようになります。もしも「Administrator」を無効にしたい時

は、net(半角スペース)user(半角スペース)Administrator(半角スペース)/active:noと入力すると「Administrator」は無効化されます。

2.パスワードを設定しましょう。


「Administrator」にはパスワードが設定されていないので、そのままの状態は非常に危険です。ですのですぐにパスワードを設定しましょう。上記の画像のように「アカウントパスワードの設定」を選択してクリックしましょう。

3.ヒントを設定してください。


2.のパスワードを設定する画面でヒントも設定可能です。安全のためヒントの設定もしておきましょう。すべての作業が完了したらパスワードの設定は完了になります。パスワードとヒントは忘れないようにどこかに記

録を保存しておいたほうが良いと思います。

sponsored link



sponsored link