初心者のためのパソコン自力修理入門まとめ

パソコンがトラブルを起こした時のいろいろな解決方法を解説をしてみました。

すぐにCドライブいっぱいになりませんか?

time 2016/11/21

すぐにCドライブいっぱいになりませんか?

パソコンのCドライブはメインで使用するドライブなので、すぐに空き領域がすぐになくなって困りませんか?私は結構困ることが多いので今回対策してみました。対策方法を記載しておきますね。

sponsored link

★まずユーザーデータの保存先を移動してみました。

1.「ドキュメント」を移動しました。

これは移動したいドライブに(大多数の人はDドライブだと思われます)「Documents」のフォルダを作成しておいて、「スタート」メニューの「ドキュメント」を右クリックして、「プロパティ」を選択してください。そして「場所」タブを開い

て、「D:¥Documents」と書き直して(ここにある「D」とは移動先のドライブ番号です)「移動」をクリックしましょう。これで「ドキュメント」のフォルダが保存しているデータも含めて移動されます。

2.そのほかのデータ保存用フォルダも移動しましょう。

「ミュージック」や「ビデオ」や「ピクチャ」フォルダも「1」で行った方法で移動可能です。ただし「ビデオ」フォルダは「スタート」メニューに表示されないので、「コンピュータ」から「Cドライブ」そしてその中

にある「ユーザー」フォルダを開いて、「(ユーザー名)」フォルダを開くと「マイビデオ」のフォルダがあるので、それを選択し保存してください。なお前もって、移動先のドライブに(今回の例ではDドライブです)

「Music」フォルダや「Videos」フォルダ、「Pictures」フォルダを作っておくことをおすすめします。

★テンポラリファイル保存先を移動してしまう方法もあります。

1.テンポラリフォルダを作成して、設定をしましょう。


まず前もって移動したいドライブに「Temp」フォルダを作成しておきましょう。「スタート」メニューから「コントロールパネル」をクリックして、メニュー画面中の「システム」をクリックして、画面左にある「シ

ステムの詳細設定」をクリックして、「システムのプロパティ」画面中の「詳細設定」タブをクリックして、その画面の下のほうにある「環境変数」のボタンを押してください。「環境変数」の設定画面が出ます。


そして、画面中ほどにある「編集」ボタンを押してください。そうすると、「ユーザー変数の編集」が表示されますので、「変数値(V)」を「D:¥Temp」(この例ではDドライブを指定しています)に変更して、

「OK」をクリックしてください。

2.テンポラリファイルを手動にて移動しましょう。

たとえ保存先を移動したとしても、今現在保存されているテンポラリファイルは、移動されません。そういうことですので丸ごと動かしてしまいましょう。

まずは、エクスプローラで「整理」から「フォルダと検索のオプション」を選択し、「表示」タブの詳細設定から「すべてのファイルとフォルダを表示する」を選んで、「OK」をクリックしてください。

「Cドライブ」から「ユーザー」そして「(ユーザー名)」を選んで、「AppData」そして「Local」から「Temp」を開いて、すべてのファイルを選択して、「切り取り」を実行してください。

「1」で移動先に設定をした「Temp」フォルダを開いて、「貼り付け」を実行したらすべてが完了します。ただし失敗するファイルもでることがありますが、無理に移動する必要はありません。。

sponsored link



sponsored link