初心者のためのパソコン自力修理入門まとめ

パソコンがトラブルを起こした時のいろいろな解決方法を解説をしてみました。

なんで?確かにあったファイルが見当たらない

time 2016/11/18

なんで?確かにあったファイルが見当たらない

これ私も経験あります。なんで?確かにあったはずのファイルが見当たらない。あせります。相当あせります。汗がどばどば出てきます。間違って削除しちゃったのかなあとゴミ箱をみてみたり。あるはずないですよ

ねあのファイル。一体どこに姿を消してしまったんでしょうか。今回はその対策方法をお伝えしたいと思います。

1.「CTRL」と「Z」キーを押してみる。

「CTRL」と「Z」キーを押すと、直前の状態に戻れます。その状態でファイルが見つかればよいのですが。
※「CTRL」と「Z」キーはこのほかに記事などの作成中にも活用できます。例としては一度間違えて消してし

まったときなどは、「CTRL」と「Z」キーを押すと直前の状態にもどれますので、間違った操作はなかったことになります。便利なので覚えておいてそんはありませんよ。

2.アプリケーションソフトの最近開いたファイルから探してみましょう。

アプリケーションソフト(エクセルやワードなどです)の「ファイル」メニュー中にファイルの一覧が表示されているときは、その中に探しているファイルがあるかチェックしてみてください。もしもあったときは、選択

して開いてみてください。「名前を付けて保存」を実行すれば、現在保存されている場所もわかりますよ。

3.「最近使った項目」からしらべてみましょう。


「スタート」メニュー中にある「最近使った項目」をクリックしてください。その履歴の中になくなったファイルがないか探してみましょう。もしあったときは選択して開いてみてください。「名前を付けて保存」を実

行すれば、現在保存されている場所もわかります。

sponsored link

★ファイル検索機能で探してみましょう。

1.キーワード検索を実行しましょう。


「スタート」メニューにある検索ボックスにファイルやフォルダに名称を入力しましょう。もしも名称を忘れてしまった場合は、文字列や拡張子の一語からでも自動時に検索してくれます。

2.検索結果に表示されない時


検索結果に表示されない時は「検索結果の続きを表示」ボタンを押してください。

3.検索の範囲を拡大してみましょう。


もし探しているファイルなどが見つからない時は、検索する場所の範囲を広げましょう。

4.探しているファイルやフォルダが見つかったら開いてみましょう。


もし探していた、ファイルやフォルダが見つかったら、ダブルクリックして開いて内容を確認しましょう。

※WindowsのOSにある検索機能ですが、「スタート」メニューやエクスプローラ画面、「コントロールパネル」などにあり非常に便利なのですが、エクスプローラ画面での検索は開いているフォルダ以下の階層しか検

索の対象にならないので、もしパソコン全体を検索する場合は、「スタート」メニューにある検索ボックスを使用しましょう。

sponsored link



sponsored link