初心者のためのパソコン自力修理入門まとめ

パソコンがトラブルを起こした時のいろいろな解決方法を解説をしてみました。

ついうっかり大事なファイルを削除してしまった!

time 2016/10/09

ついうっかり大事なファイルを削除してしまった!

これもパソコンあるあるで、ついうっかり大事なファイルを削除してしまうというものです。これも困りますよね。こんなばあいはまず「ごみ箱」を探してみましょう。もしかしたらまだファイルがあるかもしれませ

ん。ただそうでない場合どうしたら良いのということになりますが、解決方法がありますので、よかったらご覧ください。

sponsored link

★「ごみ箱」をみてみましょう。


先ほども書いたのですが、削除してすぐならまずはここを見てください。まず「ゴミ箱」をダブルクリックして開きましょう。そして、もし削除してしまったファイルが発見された場合、そのファイルを選択して、コマ

ンドバー内にある「この項目を元に戻す」をクリックしましょう。これで間違って削除してしまったファイルが、元の場所に戻っているはずです。

★フリーソフトで元に戻しましょう。


上記の画像にあるようなフリー(無料)ソフトはネットで検索するとたくさん出てきます。今回は「DataRecovery」というものを使用してみたいと思います。

1.「スキャン」を実行してください。


ダウンロードして、解凍したフォルダの中にある「DataRecovery.exe」をダブルクリックして起動させて、復元を行いたいファイルを保存していたドライブを選択して、「スキャン」をクリックして「スキャン」を開始

しましょう。

2.ファイルを探してみましょう。


スキャンが終了すると、削除したファイルの一覧が表示されます。項目の見出しの「種類」や「更新日時」、「ファイル」をクリックすると、その条件で並べ替えされるので、その中から復元したいファイルを探しま

しょう。それと「ファイル名の文字列」から検索することもできます。


もしその中から復元したいファイルが見つかったら選択して、「リカバリ」をクリックしてください。


※スキャンした後上記の画像ような表示がされますので、この画面は閉じないで、そのままファイルを探して、もし見つからないときは、「OK」ボタンを押して完全スキャンをしてみましょう。

3.ファイルを復元しましょう。


上記の画像のような画面が表示されるので、復元したいフォルダを選択して、「リカバリ」ボタンをクリックしてください。そうすればなくしたフォルダは復元されます。ただしこの時復元するドライブは、復元する

フォルダが保存されていた場所とは違うドライブにしましょう。

※今回はデータの復旧に「DataRecovery」というフリーソフトを使用しました。大変信頼性が高く使用している方も多いソフトになります。フリーソフトなので無料なところもうれしいですね。

sponsored link



sponsored link