初心者のためのパソコン自力修理入門まとめ

パソコンがトラブルを起こした時のいろいろな解決方法を解説をしてみました。

パソコンを操作していたら突然フリーズして何の操作もできなくなった。

time 2016/10/07

パソコンを操作していたら突然フリーズして何の操作もできなくなった。

あなたも1度や2度経験あるんじゃありませんか?何かパソコンで作業している途中に突然画面がフリーズしてしまい、どんな操作も受け付けなくなって困ったこと。私もひんぱんにありただただ困っていました、、。こ

れはアプリケーションソフトかシステムに問題が発生しているときに起こります。すこし様子をみてもだめなときはある方法を試してください。私はある方法を知るまでは、直接電源のささっている

コンセントから電源コードを抜いてすぐにさしなおし電源を入れなおす。というものでした。ただこれをしてしまうとフリーズした画面からは解放されるのですが、停電した時と同じ扱いになり、それまで書いていた記

事とか、保存していないデータはすべて消えてしまうんですね、、。おまけに起動したときの画面もセーフモードから始まりますので、パソコン初心者の方は困ると思います。そこで「ある方法」

の出番になります。

sponsored link

★「ある方法」って?

これは知っている人は知っている方法ですが、知らない人にとっては、大変便利な方法だと思います。私も初めてこの方法を実行したときは本当に助かりました。

その「ある方法」とは、画面がフリーズして動かなくなったとき、「Ctrl」と「Alt」と「Delete」のキーを同時に押します。そうしますと画面が切り替わって、ユーザーの切り替えや、ログオフや

タスクマネージャの起動の表示やパソコンの電源オフメニューのアイコンがでてきますので私の場合ですが、ログオフを選んで再度ログインしています。


するといつもの状態にもどるので、作業が再開できます。新しいWindowsのOSになってからはあまり「ある方法」は使っていませんが、まえのWindowsのOSのときは、2週間に1回は使っていました。フリーズして、私の

ようにコンセントから電源コードを抜いている人はこの方法で解決できますので、ぜひ試してみてくださいね。

※上記の画像の画面でもしマウスからの操作ができない場合「Tab」キーを使用します。「Tab」キーを押すと項目を選択した状態(うすい青色の線でかこまれる)になりますのでその状態で「→」や「←」、「↑」や「↓」の

キーを押すと選択された状態(うすい青色の線でかこまる)が移動して選択可能になりますので、任意の項目を選択し「Enter」キーを押すとその項目が実行されます。マウスが使えない状態のときは役立つ方法ですので

覚えておいて損はないとおもいます。
2016/11/22 10:17

sponsored link



sponsored link